2013年02月11日

大敵 結露

毎年、この時期になると 『結露』有りますよね。

特に窓廻り。
カーテンに水滴が付着することなんてザラ!!
窓の下に水が溜まっている事もザラ!!
です。

ですが、

ですがです、

我が家、今のところ結露ゼロなんです。

事の成り行きは・・・
窓の販売店さんから あるサッシのお奨めを頂きまして
家全体を そのサッシにしてみたのです。

今思い返してみると、
『絶対に結露しません!!』と自信満々に言われたような・・・
*高気密断熱材を使用すれば の条件付きですが。

そのサッシは
『YKKAP の APW310』と言うサッシです。

APWサッシ.JPG

等級4.JPG
【APWサッシ 省エネ等級4の証】

なぜ結露しないのか?

一般的なサッシはアルミ製、に対して
APWと言うサッシは枠がアルミ樹脂複合製、ガラスはLow-E複層ガラス、
で出来ており 断熱性能が高いとの事でした。
*樹脂はアルミに比べ熱伝導率が1/1000らしいです。

私は 結露に関して専門家でもありませんので多くは語りませんが、
今後、住宅建設を検討されている方がいらっしゃれば
お耳に入れておいても痛く無い話だと思います。

注意として書きますが、
結露は立地条件や生活習慣・間取りによっても関係している様ですので、
私の口から『絶対に結露しない』とは言えません。。。が、
『結露しにくい』とは言えると思います。

−我が家の窓と断熱材です。
・窓)YKK ap APW 310
・天井壁 断熱材)ハウスロンeキューズ16K90mm(高性能グラスウール)
*1F床の断熱材も高性能グラスウールを用いた方がいいのは言うまでもありません。
 が、我が家の1F床断熱材はポリスチレンフォーム30mm厚を使用しています。
(ここだけは予算的に・・・デス)

我が家、1Fが非常に寒いんです。
もしかしたら断熱材を変えれば劇的に変化するかもしれませんね!
*今度やってみます!! 結果もこちらで報告します!!

上記の仕様は残念な事に、各工務店さんやハウスメーカーさんでは
標準仕様として設定されていない場合が多いと思いますので、
可能であれば、事前にお見積りを頂いて金額の比較等を行った方が良いと思います。

先行投資としては 十分に効果を発揮してくれると思います!!

ただ、大変申し上げにくいのですが  費用が高いです!!
こればかりは 個人での判断になってしまう為に ゴリ押しはできませんが・・・。。

窓の内枠の色も複数から選べますので オシャレな感じになります。

サッシ全景.JPG

サッシ全景A.JPG

※ちなみに弊社では、外側のサッシ色も選べます。
我が家は今一番人気のあるシルバー色(シャイングレー色)です。

ひとえに新築と言っても 使う
・窓
・断熱材
・設備
・工法
その他諸々材料によって 色々な効果があるんですね!!
建築って面白いです、非常に!!

そんな事を実感した今日この頃でした。

また、現在 結露にお悩みの方にも窓に関する対策として
『内窓』と言うものがありまして
既存の窓の内側にもう一つ窓を取り付け 二重にする方法です。

内窓.jpg

これは防音・防露・断熱効果が期待できる様ですよ!!

長々と書き連ねてしまいましたが 今日のところはこれにて失礼します。
お付き合いありがとうございました。



posted by masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アフター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。