2012年07月06日

基礎工事続編

7月6日 くもり時々雨

このところ梅雨らしくない天候が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか?
本日の工程は 基礎工事立ち上がりコンクリートの打設でした。

ちょっと長くなりますが、基礎(RC工法)に付いて説明をしたいと思います。

ほとんどの基礎工事には鉄筋+コンクリートを用います。
建築用語でRC(鉄筋コンクリートの略)と言い マンションなどの構造で表されている事もあります。
また、SRC(鉄骨鉄筋コンクリートの略)と言う構造も存在します。
SRCは基本大型建築物(マンションなど)で用いられます。

基礎は何故 RCなのか?
鉄筋は熱に弱い。
ですが、コンクリートは熱に強く・鉄筋の錆も防ぎ・鉄筋の座屈も防止する反面、
鉄筋は 引張力(引っ張られる力)に優れていて、コンクリートの弱点を補う。
鉄筋コンクリートは、「鉄筋」と「コンクリート」を組み合わせる事で
それぞれの欠点を補っているのです。

配筋写真です。
【ベース配筋】
ベース配筋.JPG

【立ち上がり配筋】
立ち上がり配筋.JPG

【外周部立ち上がり配筋】
外周部 立ち上がり配筋.JPG

【人通口配筋】
人通口配筋.JPG

【配筋かぶり写真】
配筋かぶり写真.JPG

当建物ベース筋はD13@200と言う鉄筋の組み方を採用しました。(一般的な配筋です)
これが『3階建ての建物』や 現在多く採用されている『耐震等級3』なら
D13@150やD13@100など鉄筋が太く、ピッチが細かいほど強固な基礎になると考えられます。
「D」と言うのは鉄筋の太さを表し
「@」はピッチを表しています。(200mm置きに鉄筋を配置します)

配筋検査合格後
   ↓
【ベースコン打設】
ベースコン打設.JPG
   ↓(翌日)
【立ち上がり枠組】
立ち上がり枠組完了.jpg
   ↓
【立ち上がりコン打設】
立ち上がりコン打設.jpg

この様な流れになります。

【圧送車写真】
圧送車.JPG

コンクリートの圧送を行う車両です。(ポンプ車とも言います)
後ろの口にコンクリートを流し入れ、ホースからコンクリートを送り出します。
もっとサイズの大きな車両もあり、大きければ大きい程 最大圧力が強く、
ホースを延長する事で高層マンションなどのコンクリート圧送に用いられます。

次の工程は 基礎の立ち上がり枠バラシです。


posted by masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。